勉強法-復習っていつすればいいの?

勉強
スポンサーリンク

人間は忘れる生き物

ある研究によると、人は覚えたことを20分もすれば42%を忘れ、一日経つと74%も忘れてしまうという。

そういう意味では、どんな優秀な人だって、基本的には「忘れる人間」である。

時間をかけてもなかなか暗記できない人と、すぐに覚えられる人、どこが違うのかというと、単に暗記するだけなら大差はないハズだ。

じゃあ記憶力がどこで差が出るかというと、それは復習するタイミングではないかと思っている。

基本的に「できる子」は反復をよくやっている。
必ず習ったことを復習し、間違えた問題を解き直す。
同じ問題集は3回解く。
(塾に通うメリットの一つが、この学習機会が増えることだ)

で、勉強の苦手な子ってこの復習が出来ていない。

まず復習自体をしないし、解き直しもしない。

問題集に至ってはこちらが見る度に別の問題集に手を出している(前の問題集は1度でもやりきることなく投げた)。

効果的な復習のタイミング

どんなに優秀な人であっても「忘れる」ことからは逃れられない。

だから、「忘れる」ことを前提とした学習が必要になるし、「忘れない」工夫をしなければならない。

そこで大事なのは1回あたりの復習時間を長くするよりも、復習の機会を増やすことだ。

例えば3時間復習に費やすのであれば、1日3時間一気にやるよりも、1日1時間を3日に分けたほうが、効率・効果は高い。

そこでオススメの復習のタイミングを。

「その日、次の日、一週間後」がオススメ

その日:10分でいいからその日に学習した内容を復習
次の日:問題を解いてみましょう
一週間後:前にやって間違えた問題の解き直しをやりましょう

ポイントは勉強した内容を忘れる前に復習するということです。

塾で指導していると、前回(一週前)出した宿題を授業当日に慌ててやる生徒がいます。

でも、これをやっちゃうとほとんど解き方を忘れているんですね。

で、結局「やりかたが分からなかった」とか言って答えが出せていない状態。

これじゃあ、宿題を出した意味がねー。

塾に行って成績が上がらない人は、宿題をやるタイミングが悪いかも知れませんね。

成績を上げたいなら復習は必須!

学習計画を見直してみましょう。