宿題ある、宿題なし、どっちがいいのか?

受験
スポンサーリンク

宿題なしの塾はどうか

塾業界で20年やってきて、そりゃあ新しい生徒との出会いがあったりもするけれど、何となく同じことの繰り返し感は否めない。

まず、現在の職場には自分に刺激をくれるような人がいない。目標となる上司、良きライバルとなりそうな同僚。そういう人がいないからツマラナイ。

授業も、言葉は悪いが流してやってもこれまでの経験があるからソコソコできちゃうし。これがとんでもなく手のかかる生徒がいたりしたら面白かったりするんだけど、みんなイイ子だしね。

そんなワケで刺激が欲しいのである。
何か新しいカタチの塾でもやってみたいなあ、なんて漠然と考えて。

最近思うのは、「勉強させる塾」を保護者は求めがちだけど、やらされる勉強は身にならないということ。

理想は生徒自らが目標を持ち、その実現のために今自分に何が必要で、何をやらなければいけないのか、それを考え行動できるようになることだ。そうなったら成績はグングン上がるのだが。

一切宿題なし、全ての定期試験なしの中学校

東京のある公立中学では「宿題なし、定期試験なし」に取り組んでいる

画一的に、自分ができることもやらされる宿題は非効率だ。
可能であれば本当に必要なものだけを宿題にしたい。
そして、その必要なものは生徒一人ひとり異なる。
ならば宿題はなしにしてしまって、生徒が自発的に必要なことだけを取り組めるようにするのはどうか。

定期試験についても、一夜漬けに近いような、ごく短期間でただ覚えただけの学習をする中学生は多い。でも、それが本当の学びなのか。

件の中学校長の「定期試験が点数で生徒を序列化し、教師が成績をつけやすくするためのものになっている。テストは生徒の学力を上げるためにやるもの。テストが本来の目的を失い、手段となっている。ならばやる必要なし」もまあ賛成できる部分はある。

掲げる理念理想は素晴らしい。生徒の「やるやらないは自己決定」を重視した教育だ。
塾にいても、生徒が宿題なくても勉強し、テストがなくても学習する習慣を身につけてくれたらなあとしょっちゅう思う。

ただね、宿題になしにしちゃうと……

塾で働く自分は「漢字20回書き」「単語の綴りを10回ずつ」みたいなものは決して宿題に出さない。
書ける漢字や単語の練習は、時間と労力のムダだ。
ただし、前もって指定した範囲でテストはやる。それは理解度、定着度を計るためであり、受験から逆算して予定を立て、計画的に進めていく必要があるからだ。

生徒には「合格できるなら、書き取り練習や暗記をしなくてよい」と予め伝える。まあ、練習していなくて不合格の場合はお説教になるのだが……。

ただね、算数の計算や漢字の書き取りは、反復練習で身につく部分があることは否定できないと思う。特に中・下位層の生徒や低学年の生徒。カタを身につけさせることは、多くの子には有効な学習(?)の一つと思う。

また、「宿題なし」にするには、生徒に学ぶ意欲があることが必要で、意欲に欠けるものにとっては「勉強しなくていいからラク」になってしまう。

意識の高い生徒や地域では「宿題なし」は有用な取り組みと思うが、学力の低い地域でこれをやるとなるとけっこう支障が出るような気がする。

その時に、学習意欲に欠ける学力の低い生徒が自発的に取り組むように促し、自立した学習となるためには教師の力量がかなり問われる。

でも、生徒の意識まで変えられる影響力あるカリスマ講師というのは実は多くない。いや、かなり少ないと言うべきかーー。ほとんどの講師はそんなスキル持ってねー。

何よりも「宿題を出さない」が保護者にどう映るかと言えば、残念ながら否定的に見られることのほうが多いので、「宿題を一切出さない塾」は難しいかな。(優秀な子だけを集めるならコッチのほうがウケがいいかも。でも数の多い成績中間層も拾っていかないと経営がね。)

塾は集客面を考えると「宿題なし」導入は結構むずかしい。
ただし学校と違い、塾のクラス編成は学力別なので、クラスによって量と内容は変えやすい。上は少なめにしておき生徒各自が勉強出来る時間を与え、下位クラスは逆に多めにして基礎基本の反復を徹底させるなどの対応がベターか。

定期試験なしにしちゃうと……

次は「定期試験なし」についての雑感。

断っておくがこの中学、定期試験はないのだが、単元テスト・小テストはやっている。テストの回数自体はむしろ増えているそうだ。

前述した宿題なしの大きな理由は「理解出来ていることをやるのはムダ」なのだが、果たして本当に生徒がその内容を理解できているのか。

塾でやっていると「理解したつもり」になっている生徒が多い。「本当に理解できている」と「理解したつもり」の判断が生徒には難しいと感じる。
この真に理解できているかどうかを計るのが定期試験だと思うのだが。

いや、だからこそ単元テストをやって理解度をチェックしているのかも知れない。
ただ、生徒の多くは「単元テストは出来るけど、まとめテストは出来ない」「その場では出来るけどすぐに忘れる」。

塾でも単元が終わるたびにテストをやって理解度を計る。
当然出来が悪ければ補習や追試になる。だから生徒は勉強するのだが、はっきり言って一単元のみのテストであれば、それこそ一夜漬けみたいな、瞬間的な暗記で対応できちゃう。

ほとんどの生徒の課題は一度学習した内容を、一ヶ月・二ヶ月経っても忘れていないかどうか、出題範囲の広い模試なんかで出題されたときに対応できるかどうか、だと思うのだが。

あと1点、自分がちょっと気になることが。校長先生のおっしゃっている「評定は全員5でかまわない。そこを目指すのが学校」だ。

この考えは非常に賛成できる。
塾だって究極的には「塾生全員オール5にする」が目標。
自分もこれくらいの熱さを持って授業しなきゃなあ。

でも、気になるのは評定5の生徒が多い学校が存在することを良しとするかどうかだ。
これは現状の入試制度とは合わない考えだと思う。

東京都の入試(よっぽどの難関校は除く)では内申7割、実力3割だと個人的には思っている。(もちろん実際は、都立の場合は内申3割・当日得点7割で合否を出してますが)

まず私立入試。推薦も併願も内申によって決まるの。そしてどちらも当日点が悪くても普通に受験しさえすれば不合格はない。(一部難関校は除く)

都立の受検も内申点である程度受けられる高校とそうでない高校が決まる。内申がなければ受けたい学校も現実的には受けられない。そういう意味で内申が超重要。

塾に身を置くものとして入試は公正公平を期してほしい。
公平、公正……。自分が考えるに、評定をつける際の根拠となる試験の条件が、全ての中3生が同じであることが理想だ。
定期テストの回数、実施日、出題範囲、試験問題……。そして解答用紙を回収して一箇所に集め、それこそ都全体順位を出す。

↑なんだコレ、相対評価・偏差値重視の復活じゃん(笑)。これでは昔に逆戻り。

ただ、現実的にはあまりに評定分布が偏っていると教育委員会から「不適切」と指導が入る。
「みんな頑張って出来るようになったんで、中3全員に5をあげちゃう!」は出来ない。

東京都の内申調査を見れば分かるように、教育委員会から指導が入ると言っても内申分布にはかなり差がある。↓コレです。

中学校別評定割合(2019年3月卒業の中3生データ。東京都教育委員会調査結果)

塾にいると「簡単に4や5が取れる学校」「どんなに頑張っても3の学校」「平均が70点オーバーの教科」「平均点が40点台の教科」みたいな不公平感を抱くことは日常茶飯事。
生徒達は自分の受験がかかっているから「何でウチの学校の問題は難しいのか。あっちの学校は点が取りやすくて、そんなの不公平じゃん!」と怒ったり、嘆いたりする。

現状でも、入試の公平性という部面で疑問符がつく状態なのに、「全員5でかまわない」となると一層の不公平感が生じないか。
そんで学校の先生も人間なんで、絶対5をばらまく先生が出てくる。そうすれば進学実績が作りやすいんで。

個人的見解

「宿題なし、定期試験なし」については試みとしてかなり興味深い。
そして、この中学の卒業生達のその後が知りたい。たぶんできる子には向いている教育だ。

塾での指導にこういったことを取り入れてみたい気持ちはある。いざやるとなるとハードルは高いけど。

モノを覚えさせて指示したことをやらせるんだったら、人間よりもAIのほうが優れている。
やっぱり自分で主体的に考え行動し、創造的な活動ができる人を育てないと。

保護者も、目先の試験や入試の結果のみを気にするばかりではダメ。
子どもが10年後20年後にどういう大人になっていてほしいか、そのためには今どのような教育が必要で、どういう塾に行くべきか。そんな意識を持つ保護者が増えると、塾ももっとおもしろくなるのに。

ある予測によると塾講師の平均月収は2030年には17万円台まで下がるらしい。
自分も新しい価値を提供できる塾を作る必要があるな。じゃないと失業しちょうよ。