塾経営者とお話しする機会がありました。

日記
スポンサーリンク

数十教室を展開する塾経営者と話す機会がありました

先日、ご縁と機会があり塾経営者とお話しする機会がありました。

 

数十教室を展開し、売り上げは年間10ケタの会社社長です。

 

幸いなことに1:1で2時間ほどお話しさせていただきました。

 

塾屋としてのキャリアがあって人生の先輩でもありますが、無礼講で気になることはガンガン質問させていただきました。

 

新規開校場所の判断基準だったり、生徒募集の打ち手だったり、正社員採用のポイントだったり、経営理念だったり、将来の展望だったり・・・。

 

かな~り濃い2時間となりました。

 

会社規模を考えると、

「その仕事は部下に振ったり外注化すればいいのでは」

と思うようなことも、けっこうご自身で実際に足を運んで確認したり、納得するまで調べたりしているそう。

 

想像以上に泥臭く汗かき役をされていたのは驚きでした。

また、最近校舎をどんどん増やして拡大しているアノ塾や、かつては大手塾と呼ばれるも現在はイマイチ奮っていないアノ塾だったりに関して、どう見ているの、どう分析しているのか様々聞けて大変面白い時間を過ごさせていただきました。

 

私自身に欠けている視点なんかも気付かせていただき、これは今後の自分の活動に大いに生かせそうです。

 

最近は私自身、企業様だったり他塾の方からお声かけをいただくことが続いています。

 

現在勤めている会社から許可をもらう必要はありますが、自分がお手伝いできることがあれば何かしらのかたちで協力できればと考えています。