限界突破できる日がきっとくる

勉強
スポンサーリンク

どんなに努力をしてもそれがすぐ結果に結びつくとは限りません。

それは勉強にしろ、スポーツにしろ何でもそうです。

社会に出て仕事をするとほとんどの努力は報われないように思えます。

頑張っても、自分の成長を感じられなかったり結果が出なかったりすると心が折れそうになります。

 

これまで多くの受験生と接してきました。

当然中には努力が結果になかなか出なかった生徒もいます。

「結果がでないってそりゃあ努力不足なんじゃ?」と思われがちですが、そんなことはありません。

 

自分の趣味だったり遊びだったり友だちづきあいだったり、色んなものを我慢して犠牲にして、めちゃくちゃ努力しても、結果が出ない。そういうタイプの子がいます。

 

大切なのは、結果が出なかったときにそれまでの努力を継続できるかです。

色んな分野において才能は確かに重要です。

ですが冷静に考えれば分かると思いますが、「結局努力している人が一番強い」というのは確かなことです。

すぐに結果が出なくても、コツコツとすべきことを実直に重ねられた人はどこかのタイミングで自分の限界を突破する日が来ます。

勉強で言えば、「めちゃくちゃ出来るようになって点数がアホみたいに上がって、偏差値もグングン上がる」みたいに日が必ず来ます。

極端に言えば「人が変わった」みたいな感じです。

こうなると志望校の選択肢が一気に拡がります。

やりたい道を選べるようになります。

そうすると人生が変わります。

毎年のように受験が終わって振り返ると「あそこで人生変わた」という生徒がいます。

で、その日はある日突然やってきたりします。

結果が出ない、心が折れそうだって人はそこを信じて頑張ってみてください。

もうダメだじゃなくて、自分で自分の可能性を信じてあげてほしいなと思います。